送料無料 おすすめ水出し紅茶のティーバッグ 人気はアールグレイ?

麦茶もいいけど、ずっとだと飽きてしまうし、紅茶好きなら暑い夏にはスッキリ爽やかなアイスティーを冷蔵庫に常備しておきたいですね。

暑い中、熱湯を使わずにお水だけで作れる水出し紅茶は簡単!

夏前から楽天のランキングで上位にランクインし続けるのが、こちらのシルバーポットの水出し紅茶です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】夏はこれ!水出し紅茶用ティーバッグMarket
価格:1595円(税込、送料無料) (2018/6/17時点)

ティーバッグの紅茶ランキングをチェック!

まずは、楽天市場のティーバッグの紅茶の人気ランキングを見てみましょう。

CHECK!【楽天】ティーバッグの紅茶ランキング TOP30

夏場の1位の常連なのがこちらの水出し紅茶用のティーバッグです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】夏はこれ!水出し紅茶用ティーバッグMarket
価格:1595円(税込、送料無料) (2018/6/17時点)

シルバーポットの水出し紅茶用ティーバッグ

水出し紅茶用のティーバッグ・マーケットは熱湯を使わずにお水で抽出でき、さっぱりと爽やかな飲み口が特徴です。

暑い中、ヤカンで煮出す必要はありません!

厳選リーフを使用

専門店ならではの贅沢なティーバッグは、紅茶本来の美味しさや個性を楽しめます。

1種類につき4ティーバッグ入り

1ティーバッグには5gの茶葉が入り、1種類のティーバッグが4個ずつチャック付きのアルミパッケージに入って届きます。

9種類から4種類選べる!

2018年6月17日現在はこちらの9種類の中から4種類選べます。

1.ダージリンブレンド Golden Sun
2.蜜リンゴ
3.フルーツパレタ
4.マスカット
5.グレープフルーツ
6.アールグレイ
7.アマルフィ・レモン
8.ラズベリーライチ
9.KOHAKU

水出し紅茶の作り方

水出しですから、作り方は簡単です。

◆しっかり味わう派
1ティーバッグにつき500mlのお水で、冷蔵庫で2~3時間程抽出。
(「Golden Sun」は6時間程/「KOHAKU」は4~5時間程)

◆毎日がぶがぶ飲みたい派
1ティーバッグにつき1リットルのお水で、冷蔵庫で2~3時間程抽出。
(「Golden Sun」は6時間程/「KOHAKU」は4~5時間程)

お好みに合わせて調整出来ます。

ただ、生ものですのでその日のうちに飲みきってしまいましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】夏はこれ!水出し紅茶用ティーバッグMarket
価格:1595円(税込、送料無料) (2018/6/17時点)

シルバーポット 水出し紅茶の口コミ評価

水出し紅茶用ティーバッグMarketは口コミでも人気です。

総レビュー数は420件を超え、2018年6月17日現在、総合評価は5点満点中4.66の高評価です。

爽やかで美味しい!
・渋みが少なく、甘みがあってとてもおいしいです。
・香りが良くてとても飲みやすい。
・夏ならフレーバーティーがさわやかでおいしいです。
・水出し紅茶がこんなに美味しいとは知りませんでした。
・すっきりしていて夏場にゴクゴク飲めて美味しいです。

水出しはとにかく楽!
・入れっぱなしでOK。水にポンといれたらそのまま冷蔵庫で冷やして、時間さえおけば失敗なし。
・水出しの方が渋みが出ないので、眠前でも安心して飲めてます。
・500mlのお水に入れるだけで、数時間後には飲めるのが嬉しいですね。
・大きめのティーバッグを本当にポンと水に入れるだけでアイスティーができるので簡単です。

香りもいい!
・爽やかな香りが気に入りました。
・瑞々しくて香りもよく、夏の間楽しめました。
・香りや風味はとても上品です。
・色が薄く見えますが、味や香りはしっかりしていました。
・爽やか~♪香りも強すぎず、鼻に抜ける感じ!

それぞれお好みの種類がありますが、アールグレイを選んでいる方が多かったです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】夏はこれ!水出し紅茶用ティーバッグMarket
価格:1595円(税込、送料無料) (2018/6/17時点)

さいごに

ティーバッグを入れっぱなしでアイスティーが作れるのは本当に楽ですね。

種類が選べるので、気分によって変化を楽しむのも楽しいですが、お気に入りを見つけたら秋になる前に早めに追加しておくことをお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする