ゆかりペンスタイルはどこで売ってる?ペンタイプの詰め替え

テレビなどで度々紹介されて、一時は売り切れで入手困難だったふりかけの「ゆかり」のペンタイプですが、現在は通販で入手することが可能です。

中身はみんな知っている「ゆかり」だけど、ペンスタイルは知っていても見たことがない方が多いので、ちょっとしたプレゼントとしても喜ばれますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゆかり®ペンスタイル 6g
価格:540円(税込、送料別) (2018/5/4時点)

見た目はペンそっくりの「ゆかり」

さわやかな香りの赤しそを使用したふりかけの「ゆかり」が、ペンタイプの容器に入っているこちらの商品。

見た目のインパクトが好評なのはもちろんですが、持ち運びがしやすい点も人気ですね。

デコ弁やキャラ弁作りにも活躍してくれます。

ペンタイプの容器は半透明のキャップをはずすと中身を補充も出来るので使い捨てではありません。

「ゆかり」は、広島にある三島食品株式会社の登録商標で、こちらのペンスタイルを売っているのは三島食品直営の楽天市場店です。

現在はそんなに入手しにくいことはないと思いますが、一人50本までの限定となっています。

1つの配送先につき、合計2,777円以上購入すれば送料無料になります。

「ゆかり」の他に、まだらこを唐辛子などでピリ辛に味付けした「あかり」と青じそベースの「かおり」と三姉妹(3種類)展開となっています。ペンスタイルだけでも合わせて6本以上買えば送料無料になりますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゆかり®ペンスタイル 6g
価格:540円(税込、送料別) (2018/5/4時点)

ゆかりペンタイプの詰め替え用

「ゆかり」はグルタミン酸ソーダ無添加(45g)や梅入り(22g)、胡麻入り(24g)、青菜入り(20g)の他、大きい袋では60g、業務用の200g、500gなど様々なタイプが売られていますので、詰替え用として各家庭で使いやすいサイズを選べます。

こちらからお好みの味とサイズを探してみて下さい。

⇒⇒⇒「ゆかり」でおなじみの赤しそを使った商品

☆ゆかりペンスタイル
【原材料名】
 赤しそ、食塩、砂糖、調味料(アミノ酸等)、リンゴ酸
【内容量】6g
【賞味期間】製造日より365日
【保存方法】常温
【製造者】三島食品株式会社
 〒730-8661広島市中区南吉島2丁目1番53号

ゆかりペンスタイルを買った方の口コミ

実際にこちらの「ゆかり」を購入した方達の口コミの評判をご紹介します。

使いやすくて便利!

・ちょうどいい量がかけられる。

・ペン型なので持ち歩きも便利。

・ペンタイプのしそふりかけで携帯しやすく便利です。

・繰り返し使える点も気に入っています。

・お弁当用にお箸と一緒に入れられ、ゴミがでなくていい。

・テレビやショップの画像で見るより実物はかわいい。

・仕事用ペンケースに入れても違和感なし。

・子どもの外食時にもサッと使えて便利。

・かわいい!おいしい!

とりあえずウケる

・誰にでもこの商品はウケます!

・娘のお弁当用に「ゆかり」「あかり」「かおり」の3つを買って学校に持たせました。大ウケだったそうです。

・周りの人の反応バツグン、買って正解。

ちょっとしたプレゼントに

・家族や友人にもプレゼントしましたが、大変喜ばれました。

・知る人ぞ知るゆかりペン、プレゼントしたらめちゃくちゃ喜ばれました。

・大人にも子供にも大好評でした!

・私の名前がゆかりなので挨拶がわりにお客さまに渡しています。

ゆかり以外にもどうぞ

・入れ物が欲しくて、中身を入れ替えて使ってます。

・つめかえて、いろんなものが入れられて便利。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゆかり®ペンスタイル 6g
価格:540円(税込、送料別) (2018/5/4時点)

残念な口コミとしては、

・送料が高いです。

・送料が高いので、まとめ買いしてシェアしたりプレゼントしたりしました。

送料が高いということですね。残念ながら単価よりも送料が高いと通販では買いたくなくなってしまうものです。

ただ、合計2,777円以上で送料が無料になるので、お友達と共同で買ったり、プレゼントするのもいいですね。

送料無料まで買うものがない!という時には、ネコポス便配送なら送料込みのこちらのお店がおすすめです。

1本しかいらない場合は送料込みで920円。

2本だと1460円。1本あたり730円になります。

また、ゆかりとあかりの3本セットで2,000円もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする